もこちゃんクラブ活動

<場所>
鈴木公民館(東京都小平市)

<時間>
15:30〜幼児クラス
16:30〜小学生、中学生クラス

<活動内容>
幼児クラス 15:30~16:00

①挨拶

②基本歩行(ラダー)
     →歩く・前後横後ろ、ジャンプ、ケンケン

③ドライブリレー
     ストレート、 ジグザグ歩き

④タオルそり(先生と、友達と)
      →筋力強化

 ⑤音とリズム
      →2つの音を聞き分けて動く
      →太鼓の音に合わせて動く(歩く走るジャンプ)

⑥わらべうた
      →なべなべ(先生と、友達と2人組、)

  ⑦ダンス
      →さんぽ(トトロより)振付け 

プログラムの内容が定着してきたことで集中できる時間が増えています。大人と組むことの後で友達と組む、みんなで組むとコミュニケーションレベルを上げていきます。また対先生の指示(名前を呼ばれる、一人づつ活動する)から対友達と(組む、リレースタイルではバトンを渡す、など)へ変化をつけていきます。
小学生の活動を意識した内容へ上げていくこともねらいです。ダンスでは音楽をかけている間ずっと踊っていました。
参加者のお子さん1人が今日で活動を離れられます。残念ですがまたいつでもお待ちしていますね。
ありがとうございました。

小中学生クラス

①タオルなわとび、体操

②ラダー クイックらん、ケンケン、ジャンプ、

③リアクション
→指示された動きでスタートゴールする(体操座り、正座、長座、後ろ正座、)

④音の反応反射
→聞こえた音のほうに動き丸の中に入る

⑤なわとび→発表場面  20回~30回

⑥わらべうた
→なべなべ   2人組4人組6人組(7人組)
協調協力と成功体験

⑦さんぽ(トトロより)
       ステップ練習 振付け

初めて、ラダーを取り入れました。
構造的な運動ということでひとマスづつ進むこと、踏まないという意識をすることで自分の身体と道具(物)との距離感その調整を図ります(定位能力)
また足を閉じる開くという活動を通して身体をコントロールしていくことを身につけます。
「なべなべ」では2人組4人組のあとに先生2人と見学に訪れていたお子さんも加わり7人での活動へ、気持ちを合わせたり誰かが声をかけたりとコミュニケーションの力が必要になります。回を追うごとにイニシアチブの取り方も上手になってきます。非言語のコミュニケーション力を必要とします。
ダンスではまず音楽に合わせみんなで体を動かすことの楽しさを感じてもらいます。
徐々にステップの正確性や子供たちだけでの発表場面に持っていきたいと考えています。

造形(英語)

<場所>
鈴木地域センター(東京都小平市)

<時間>
15:45〜16:45

<活動内容>
① あいさつ、出席、日にち、曜日
8の字体操

② ♪Chika Chika Boom Boom
絵本の歌を聞きました。
とてもリズムのある歌なので子供たちは興味津々で集中して聞いていました!
引き続きやっていきたいと思います。
暗唱できるようになるといいですね♪

♪ABC SONG
歌った後に一つ一つの音を確認して各アルファベットから始まる単語を言い合いました。

③ 工作
Big,とSmallの形容詞についてのシート。
big house,small house/big butterfly,small butterflyの絵が描いてあるところに折り紙を同じ大きさに折って切り貼る作業をしました。
みんな下絵と折り紙の大きさをよく見て上手にできました。
蝶の羽を左右違う色にしたり、家に煙突や窓を描いたり…子供の想像力に感心しました!
折り紙の色を一人4色選ぶ際にはWhat color do you like?の問いにI like ~と言いました。

④ 書き取りの練習
big house,small house/big butterfly,small butterflyをノートに板書する練習をしました。

⑤ 発表
自分の作品を指さしながら、big house,small house/big butterfly,small butterflyと発表しました。

実際の消しゴムや本を使って大きい~、小さい~と見せながら言い方を覚えました。やはり机上で覚えるよりも頭の中にイメージがしっかり入ると思います!

もこちゃんクラブ活動

<場所>
鈴木公民館 音楽室(東京都小平市)

<時間>
16:30〜小学生、中学生、高校生クラス

<活動内容>
①ステップ練習
 マーカーを見ながら歩く→大股で歩く→グージャンプ、パージャンプ、グーパージャンプ

②音とリズム
 太鼓の音に合わせて→歩く、走る、スキップ (輪っかの中に入って)
 
③音の聞き分け
 2種類の音を聞き分け指定されたほうに動く。太鼓の音で戻る。4パターンの音を使いました          
④わらべうた
 なべなべ→2人組、4人組、大人も合わせ6人
  
⑤リズムダンス
 さんぽ  2組に分かれ、お互いに観る。

高学年中心

体操すわりで待つ、列に並ぶ、順番を守る、合図でスタートするなどソーシャルスキルを鍛えていきます。

⑤なわとび 1人20回以上 発表

⑥ラダー  ラダー(1歩、グージャンプ)~コーン(外を回る、ジグザグ)→フープくぐり、大中小

音の活動の前に少し緊張感のある運動をいれてみました。
太鼓は回ったり列になったりと動いてみましたが、走り回るのが楽しくなり過ぎてしまう子もいるのでMy輪っかを決めそこの中でステップをしました。初めに「出ない、持ち上げない」を約束。そのルールを守ることもみていきました。聞き分けでは、マラカスや鈴を参加者の1人が持ってきてくれて合わせて4種類の音を聞き分けながら動きました。
「なべなべ」は2人組も4人組もノーミスでできたので今日で卒業とします。他人と場面の共有をし、成功体験から感情の同調、共有をします。
ひさしぶりになわとびを発表しました。あるお子さんは「100回やるぞ~」と宣言しました。が。惜しくも23回、でもその意気ごみは評価しますよ!みんなそれぞれにこの半年で上手くなりました。

もこちゃんクラブ活動

<場所>
鈴木公民館 音楽室(東京都小平市)

<時間>
16:30〜小学生、中学生、高校生クラス

<活動内容>
①タオルキャッチ
 ウォーミングアップ

②音とリズム
 太鼓の音に合わせて動く→ゆっくり、速く、だんだん速く(ゆっくり)スキップ。拍手もつけて。
 
③音の聞き分け
 2種類の音を聞き分け指定されたほうに動きます。太鼓の音で戻る。          

④わらべうた
 なべなべ→2人組、3人組、全員
  
⑤リズムダンス
 さんぽ  2組に分かれ発表

高学年中心で

体操すわりで待つ、列に並ぶ、順番を守る、合図でスタートするなどソーシャルスキルを鍛えていきます。

⑤ラダー&リレー  ラダーを走り抜けコーンをじぐざぐに回ってフープ3つに体を通し次に人にタッチ

⑥ラダー&リレー  2組に分かれ縦のラダーをくぐりコーンを回って次の人にタッチ。よい姿勢で座ったらゴール。

連休あけでしたがみな元気でした。
音の活動から入るとテンションが上がってしまうのでタオルキャッチをいれました。
少しテンポの速い活動ですが参加者のお子さんの1人にはサポートついてもらい列に戻る、キャッチしたら相手にもどすという反復の動きでまずウォーミングアップ。
なべなべでは成功体験だけでなく自分の体をどう持っていくか、他の人の動きから全体の動きをイメージする力を育てます。
ダンスでは円陣になって踊ります。
後半のチーム運動では決められた動きとスタートタイミング、ゴール判定などのルールを理解すること、守ること、そしてみんなが楽しんで活動できることを考えることをしていきます。

もこちゃんクラブ活動

<場所>
鈴木公民館 和室(東京都小平市)

<時間>
16:30〜小学生、中学生、高校生クラス

①音とリズム  
 太鼓の音に合わせて動く→ゆっくり、速く、だんだん速く(ゆっくり)スキップ。拍手もつけて。
 
②音の聞き分け
 2種類の音を聞き分け指定されたほうに動きます。          

③わらべうた
 なべなべ→2人組、4人組、6人+大人2人
  
④リズムダンス
 さんぽ  女子組、男子組+先生に分かれ発表 

高学年中心で

⑤ラダー &リレー
 ラダーを走り抜けコーンを回ってフープに体を通し次に人にタッチ
コーン、フープくぐり、ハンドルくぐりとひとつづつ道具を増やしリレー形式に(ルールの遵守)(バトンタッチコミュニケーション)

今月は新1年生の2人が加わりメンバーが増えたこともあり活動になれるようないようは大きくかえずにやってみました。学校の行事や遠足等、なれない環境下の中でさらに疲れを抱えているこの時期でもあります。
頑張ってもこちゃんクラブに通って来てくれていることだけでもありがたいことですが、子供たちは自分のコンディションを自覚することは苦手です。
いつもと違う様子、元気がなさすぎたり逆にハイになっていたりしたときにはゆっくり休ませてあげてください。
子供たちの様子によって負荷を調整していきます。
本日はずっとやってきた「なべなべ」がうまくいかずここでの発表場面はとりあげず代わりにだんだん覚えてきているダンスでの発表としました。
体操活動もリレー形式とし、順番を守ることお友達とのつながり協力を意識する活動へと切り替えました。
聴覚活動の「音の聞き分け」ではなれていないせいか反対の陣地へ移動してしまう子が多く次回も引き続きやっていきたいと思います。でもマネして動いていないところはいいなと思いました。